壊れて修理不能な車は「全損」という扱いになる

壊れて修理不能な車は「全損」という扱いになるのですが、一口に全損といっても2種類に大別できます。修理しても車としての機能を取り戻せない物理的全損がまず挙げられますが、次に、経済的全損といって車両保険の給付金をもってしても修理費が払いきれない状態もまた全損と言います。一般に自動車保険の支払金額というものは、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。自動車保険をあつかう会社はJAAI発行の冊子をベースに価格を割り出します。市場価格と保険会社が提示した金額に差があるなど疑問を感じた際は、必要に応じて金額交渉したほうが良いかもしれません。乗用車を売却するにはまず査定をうける必要があります。一口に査定といってもやり方はおおまかに言って二つに分けられるでしょう。まず、広く知られているのはディーラーによる下取り査定でしょう。もっとも手軽で代車を手配する必要もないという気楽さが魅力ですが、悪い言い方をすれば「足元を見られる」ので、中古車買取業者の査定より低めの査定額になるのは否めません。では中古車買取業者に査定依頼するとどうなるのかというと、複数の会社が競いあうことになり、高値になる傾向があります。雨が降っている日や曇っている日の夕方などは、ボディのキズが見えにくいので高めの査定がつきやすいという噂があります。しかしながら、業者自身も見づらいのは分かっていますから、逆に天候に左右されない査定を身に着けている可能性は高いです。それに晴れだってメリットがないりゆうではありません。洗車済みの車は明るい晴れの日のほうが新しく美しく見えます。以前から天気と査定の関係はいろいろ言われていますが、各々どちらが良いということは言えませんのでいまさら査定日と天気を関連付けて考える必要はあまりないでしょう。車を中古買取業者に売却する場合、悪質な業者に騙されないよう必ずしておくことといえば、当然のことながら、あらかじめ契約書をよく読んでおくことです。契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、本人が署名押印していれば読んで了承したことになり、法的にも有効です。契約書はあらかじめ合意に達した内容通りに作成されているのか、そして金銭面での掲さいについては注意しなければいけないのは言うまでもありません。細かいところまで読んでから契約書を交わすようにしましょう。新しい車をディーラーで買う際についでに下取りもおねがいしてしまうのだったら、新しい車が納車されるまでの間に車がないなどという事態もないので安心ですが、ディーラー下取りではなく、中古車屋への売却の場合は話は別で、新車納入まで引き取りを待ってくれることはまずありません。どうしても車が必要だったら、訪問査定等を申し込む際に代車手配が可能かどうか確認しておきましょう。代車ありを謳っている業者でも店によっては台数が限られていたり、持と持と用意していないところもあるため先に確かめておかないとあとになって困ることになります。
廃車買取 熊本

カテゴリ:未分類 

ページの先頭へ